【裁判所事務官をやめたい】やめとけ・仕事きついと言われる3つの理由

当ページのリンクには広告が含まれています。

・裁判所事務官を辞めたい
・辞めたらどんないいことがあるのだろうか
・辞め方がわからない
・辞めた後は何を始めたらいいんだろうか

こんな悩みにお答えします。

本記事では

裁判所事務官を辞めたいと感じた時の解説策を紹介しています。

他にも

  • 裁判所事務官を辞めた時のメリット
  • 裁判所事務官の辞め方
  • 辞めた後のオススメの働き方

上記内容も解説しています。

本記事を読むことで裁判所事務官の辞め方から辞めた後のオススメの働き方まで理解することができますよ!

ぜひ最後までご覧ください

損しないおすすめ求人サイト

あなたの市場価値しらべてみませんか。

ミイダスを使うとあなたの市場価値を調べてくれます。

診断後に無料登録すると、7万人の転職事例ビフォー・アフターが検索できるので、同職業で新卒で転職した先輩の転職先も調べることができます。

下記リンクから無料で市場価値を診断できます。

>>ミイダスで市場価値を診断してみる

>>ミイダスの評判は?メリット・デメリットから見えてきた真実

会社の評判が気になるなら転職エージェントに相談することをオススメします!

個人で調べるのも限界があります。より詳細な情報が得られますよ。

無料登録は下記からどうぞ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/



目次

裁判所事務官を辞めたいと思う理由3選

裁判所事務官を辞めたいと思う理由は主に以下の3点です。

ストレス・プレッシャーを感じるから

裁判所事務官の仕事は、大きなストレスやプレッシャーを感じることで辞めたいと感じることが多いです。

とくに難しい当事者に対応しなくてはならない難しい場面もあります。

  • 感情的に落ち着かない
  • ひどく落ち着かなかったり
  • 大声を上げたりする
  • 意思疎通できない

具体的には上記に当てはまると難しくなります。

また、裁判所事務官は法的な書類やプロセスに関する高度な知識と正確性が求められ、ミスを許容できない厳格な状況もあります。

転勤が多い

裁判所事務官の職場環境は転勤の頻度が高く、その転勤は組織の都合によって決まることが多いです。

なので、

  • 家庭と仕事の両立
  • 一から仕事を覚えなおさなくてはならない
  • 育児との両立

上記3つの環境変化から辞めたいと感じてしまいます。

ワークライフバランスを取りづらい

裁判所事務官は、裁判所の業務に関わる重要な役割を果たす一方で、業務内容や責任は非常に大きい仕事です。

そのため、労働時間が長くなることがあり、プライベートの時間を確保することが難しいと感じてしまいます。

裁判所事務官を辞めた時のメリット3選

裁判所事務官を辞めた時のメリットは主に3つ挙げられます。

  • 時間を自由に使える
  • 場所に縛られずに働ける
  • 人間関係の悩みから解放される

上記内容を解説します。

時間を自由に使える


裁判所事務官を辞めるの大きなメリットの一つは、「時間を自由に使える」ことです。

通常、裁判所事務官は就業時間や場所に縛られますが、こういった縛りから解放されます。

これにより、仕事をいつ・どれだけの時間行うかは自己裁量できます。

時間を柔軟に使えるため、自分に合わせたなスケジュール管理が可能になって、仕事とプライベートのバランスを調整しやすくなります。

自分のペースで作業することは、ストレスもなくなりますし、生活の質を向上させるので、満足度した生活を送れるようになりますね。

場所に縛られずに働ける

裁判所事務官を辞めるメリットの2つ目は、「場所に縛られずに働ける」ことです。

通常、決められた場所での勤務が一般的ですが、裁判所事務官を辞めると働く場所の縛りがなくなります。

独立すると環境が整っていればどこでも仕事ができるため、柔軟な働き方が可能となります。

もしフリーランスで今後働くなら、好きな場所で仕事をすることができます。

  • 自宅
  • カフェ
  • 海外

上記などの自分が集中できる場所で働くことができます。

自分のペースやライフスタイルに合わせた働き方ができるため、ワークライフバランスを確保することができます。

人間関係の悩みから解放される

裁判所事務官を辞める3つ目のメリットは、「人間関係の悩みから解放される」ことです。

裁判所事務官として働く際、同僚や取引先との人間関係がストレスの原因となることがあります。

異なる価値観や合わない性格の同僚によるコミュニケーションの調整や、理不尽な要求への対応がストレスを生み出すことも少なくありません。

裁判所事務官を辞めると、自分で仕事仲間を選ぶことができるため、合わない人との関わりをなくすことができます。

また、上司や同僚に気を遣う必要がなくなるので、仕事仲間との協力をより自由に構築できます。

裁判所事務官を辞めると、仕事環境をより自分に合ったものに調整できるので、人間関係に伴うストレスを大きく減らすことができますよ!

裁判所事務官の辞め方2選

裁判所事務官の辞め方を主に2つ挙げられます。

  • 自分で退職の意思を伝える
  • 退職代行にお願いする

上記2つを解説します。

自分で退職の意思を伝える

一番オーソドックスな方法です。

大まかな流れは下記の通り

STEP
退職の意思を伝える

(2カ月〜1カ月半前)

STEP
退職願・退職届を提出する

(2カ月〜1カ月前)

STEP
業務の引き継ぎをする

(1カ月前〜)

STEP
返却物・受け取る物の確認

(退職1週間前〜)

STEP
退職する

(最終出社日)

自分で退職の意思を伝えるのは手っ取り早いですがデメリットがあります。

  • 強引な引き止めがある
  • 有休を使わせてもらえない
  • 退職日まで嫌がらせに合う

上記の通りです。

もしも、トラブルなく退職したいと思うなら下記の「退職代行」の利用がオススメです。

退職代行にお願いする

今、話題になっている退職の仕方です。

退職代行を利用するメリットは下記の通り

  • 退職への心理的なハードルが下がる
  • ハラスメントを阻止できる
    ➡引き止め、嫌がらせなど。
  • 上司との面会がない
  • 退職後のトラブルの心配がない
    ➡弁護士が付いているケースが多いので法的な手続きが可能。

もちろん費用(3万円前後)はかかりますが、弁護士もついてスムーズに退職出来るなら安いと感じる人も少なくないと思います。

退職代行の大まかな流れは下記の通り

STEP
申し込み or 相談する
STEP
料金の支払い
STEP
担当との退職の打ち合わせ
STEP
打ち合わせ内容の実行・経過報告
STEP
退職完了

オススメは下記の退職代行です。

オススメの退職代行

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 仕事を辞めると言いづらい
  • 仕事を辞めたいのにどうしたらいいかわからない
  • 仕事を辞めると伝えてから数ヶ月働かないといけない

上記の悩みは非常に多く、特に初めての退職だとわからないことばかりです。

そんな時におすすめしたいのが退職代行の退職代行Jobsです!

退職代行Jobsなら下記の強みがあります。

退職代行の強み
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円
  • 現金後払いOK(審査あり)
  • 有給休暇の無料申請サポート

上記の通りで安心して退職することが可能!

また、他社と比較しても金銭、サポート面でお得となっています。

もちろん登録は無料!下記ボタンからすぐに相談が可能!

ぜひこの機会に、退職の悩みを解決してください!

LINEで無料相談を受付中

公式サイト
https://jobs1.jp/

裁判所事務官を辞めた後のオススメの働き方

裁判所事務官を辞めた後の現代でオススメの働き方は下記の3つです。

  • プログラマーになる
  • ブログアフィリエイト
  • 職種を変える

上記内容を解説します。

プログラマーになる

プログラマーとは、コンピューターを動かす「プログラミング言語」を使用して、さまざまなシステムやアプリケーションを開発するエンジニア職です。

  • 専門技術・スキルが身につく
  • 需要が高い
  • お金が稼ぎやすい
  • 自由に働きやすい

プログラマーとして働くと上記4つのメリットがあります。

しかし、プログラマーに興味はあるものの、プログラミングは全くの初めてで不安という方が多いです。

そんな方には転職のためのプログラミングスクール【無料PHPスクール】がオススメ!

オススメのプログラミングスクール:無料PHPスクール

  • 無料で学べる
    ➡「デポジット金」を入学時に払う必要がありますが、就職決定時には全額返金されます。
  • 完全未経験OK
    ➡無料PHPは未経験者を対象にしたスクールなので、プログラミング完全未経験でも安心して通うことができます。
  • オンラインで通える
    ➡オンライン(Web-LIVE授業)で参加することが可能です。
  • 24時間365日の質問受付対応
    ➡24時間365日、メールでの質問対応を受け付けています。
  • 内定を保証されている
    ➡無料でプログラミングを学べるだけでなく就活サポートもしてもらえる

上記のメリットがあります。

詳細は下記ボタンからどうぞ!

ブログアフィリエイト

ブログアフィリエイトとは、ブログなどのWebサイトに広告を貼り、商品・サービスが売れるごとに「1件あたりいくら」という成果報酬で収入が得られるしくみです。

  • ローコスト&ノーリスクで始められる
  • 寝ていても勝手に収入が発生する
  • 時間と場所にとらわれずに稼げる
  • マーケティングスキルが身につく
  • ライティングスキルが身につく
  • ブログはストック型ビジネス

上記6つのメリットがあります。

ブログの最大の特徴は、一度稼ぐ道ができれば継続して収入を得られることということ。

過去の記事が読まれ続け、自動的に収益が発生するので、寝ているだけでお金を稼げるようになります。

いざブログをはじめようと思っても失敗する人が意外と多いです。

なので、失敗せずにブログを始め方は【失敗しない】ブログアフィリエイトの簡単な始め方【5ステップ】をどうぞ!

あわせて読みたい
【失敗しない】ブログアフィリエイトの簡単な始め方【5ステップ】 ・とにかくお金を稼ぎたい!・副業して、副収入を得たい! こんな悩みはありませんか? そんなあなたに、オススメしたいのはブログです! ブログは顔も出さず、すきま時...

転職して職種を変える

いざフリーランスになろうと思っても収入が不安定なこともあって、なかなか決心がつかないことも珍しくありません。

そんな時は、「定職(本業)」+「副業」がオススメ!

  • 定職について、安定的な収入を稼ぐ。
  • 副業(上記のプログラミング、アフィリエイト)で収入UPを目指す。

もし、続けていくうちに副業が本業の収益を超えれば本業を辞めて副業の方に力を入れればいいのでリスクを大きく取らずに済むことができます。

自分に合った職業に就きたいなら転職支援サイトを利用しましょう!

オススメはdodaです!

  • 業界トップクラスの求人数
  • 転職エージェント・転職サイト両方の機能を使える
  • 企業からのスカウトメールを多くもらえる!
  • 職務経歴書を簡単につくれる!
  • 転職サポートツールが充実

dodaには上記5つのメリットがあります、

もちろん登録は無料ですよ!

あなたの市場価値しらべてみませんか。

ミイダスを使うとあなたの市場価値を調べてくれます。

下記リンクから無料で市場価値を診断できます。

>>ミイダスで市場価値を診断してみる

>>ミイダスの評判は?メリット・デメリットから見えてきた真実

あなたの市場価値がわかったら、転職サイトで年収が上がるか相談してみましょう。

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

裁判所事務官を辞めるならフリーランスになるのが近道

裁判所事務官を無計画に辞めてしまうと安定的な収入が入らないため、精神的に良くないです。

なので、定職(本業)をやりつつ、フリーランスで通用する副業を始めましょう。

フリーランスとは

  • 裁判所事務官以上に稼ぐ事が可能
  • リモートワークが可能
  • 働く時間も理由

上記3点が可能な働き方ができること。

また、フリーランスを目指せれる副業は本記事で紹介した

  • ブログアフィリエイト
  • プログラマー

上記2つがオススメです。

それでも裁判所事務官をすぐにでも辞めたいのなら転職支援サイトを利用して職種を変えましょう!

副業で稼げるようになるまでは「本業」を辞めないことが重要です。

まとめ:裁判所事務官を辞めたい

ここまで裁判所事務官を辞めたい人に向けて、裁判所事務官を辞めた時のメリット・辞め方・オススメの働き方を紹介してきました。

スクロールできます
裁判所事務官を辞めるメリット
  • 時間を自由に使える
  • 場所に縛られずに働ける
  • 人間関係の悩みから解放される
裁判所事務官の辞め方
  • 自分で退職の意思を伝える
  • 退職代行にお願いする
オススメの働き方
  • プログラマーになる
  • ブログアフィリエイト
  • 職種を変える

裁判所事務官を辞めたい方は、自分の働き方を変えてみることで、人生が大きく変わる可能性があります。

時間は有限です。

動けるときに行動しましょう。

本記事で働き方の参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次