日本ビジネスシステムズがやばいは大嘘!落ちた、将来性、難易度、採用大学について

当ページのリンクには広告が含まれています。

・日本ビジネスシステムズはやばいって聞く
・何がそんなにやばいのかな?

こんな悩みにお答えします。

本記事では

日本ビジネスシステムズがやばいと言われる理由を紹介していきます

やばいと言われる理由だけでなく、日本ビジネスシステムズの年収や離職率も紹介しています

本記事を読むことで日本ビジネスシステムズに就職すべきかどうかが判断できるようになりますよ!

ぜひ最後までご覧ください

損しないおすすめ求人サイト

会社の評判が気になるなら転職エージェントに相談することをオススメします!

個人で調べるのも限界があります。より詳細な情報が得られますよ。

無料登録は下記からどうぞ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/



目次

日本ビジネスシステムズがやばいと言われる理由

日本ビジネスシステムズがやばいと言われる理由は下記の通り

パワハラなどの悪いうわさがある

日本ビジネスシステムズはパワハラなどの悪いうわさがあるため、やばいと言われています。

パワハラやリストラについてリサーチしてみた結果が下記の通り

検索でヒットしません。

また、パワハラに関して有益な情報は見つかりませんでした。

もしかすると部署や上司によってパワハラに感じる可能性がありますね。

しかし、日本ビジネスシステムズはハラスメントの強化を図っていることから、今後パワハラは確実に減ると考えられます。

また、パワハラを受けた時には音声を保存して証拠として残しとくといいですよ!

下記なら小さくて社員証にもつけれて値段も4000円もしないので何かあった時用で持っておくのをお勧めします!

残業が多くて激務だから

日本ビジネスシステムズの残業時間は多いことでやばいと言われています。

リサーチしてみると

平均残業時間は9時間

一般職の平均残業時間が16時間なので、日本ビジネスシステムズの残業は少なめですね!

また、口コミでは日本ビジネスシステムズは定時上がりを推奨しているとあります。

定時後ただちに退社することが推奨されているが、どうしても社内で検証などをしたい場合は可能。許可を取ればなお良い。

口コミ引用

なので、日本ビジネスシステムズは働き方改革によってワークライフバランスがとりやすくなっています。

また、残業が多くなったとしても日本ビジネスシステムズは残業代1分単位で支給されるので安心して働くことが可能です。

年収が高すぎてやばい

日本ビジネスシステムズは年収が高いためやばいと言われています。

公開されている年収は下記の通り

平均年収620万円

一般の平均年収は440万円

日本ビジネスシステムズの年収は高いです。

平均より1.5倍ほど多い年収ですね!

お得情報

日本ビジネスシステムズは転職市場で人気の高い企業で、就職難易度は高めです。

しかし、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

そこで日本ビジネスシステムズに転職するために、日本ビジネスシステムズをよく知る転職エージェントを活用しましょう!

転職エージェントは無料で何社でも利用することができて、企業研究から書類作成・面接対策までサポートしてくれます。

詳細は下記をどうぞ!

もちろん登録は無料ですよ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

業績が悪くて潰れそうだから

日本ビジネスシステムズは業績が年々悪くなっていることでやばいと言われています。

日本ビジネスシステムズの経常利益は下記の通り

回次第29期第30期第31期第32期第33期
決算年月2019年9月2020年9月2021年9月2022年9月2023年9月
売上高(百万円)60,32468,24774,95486,325110,647
経常利益(百万円)2,4661,8222,3634,2524,489
当期純利益(百万円)2,5938331,5602,6473,522
持分法を適用した場合の投資利益(百万円)
資本金(百万円)539539539539539
発行済株式総数(株)53,11153,11153,11124,183,20048,366,400
純資産額(百万円)10,77211,90313,33819,71322,243
総資産額(百万円)29,96530,19829,48938,78849,218
1株当たり純資産額(円)285,288.63303.19339.75439.38488.10
1株当たり配当額(円)5,0005,00010,0004030
(うち1株当たり中間配当額)(-)(-)(-)(-)(20)
1株当たり当期純利益(円)87,241.0422.0939.7565.9977.74
潜在株式調整後1株当たり当期純利益(円)61.9074.04
自己資本比率(%)35.939.445.250.845.2
自己資本利益率(%)30.97.412.416.016.8
株価収益率(倍)16.8415.49
配当性向(%)5.722.625.230.325.7
営業活動によるキャッシュ・フロー(百万円)3,2161,9623,472
投資活動によるキャッシュ・フロー(百万円)△480△894△3,966
財務活動によるキャッシュ・フロー(百万円)△998△1,0804,007
現金及び現金同等物の期末残高(百万円)4,0164,0157,569
従業員数(人)2,1412,1972,2282,2962,454
株主総利回り(%)110.2
(比較指標:配当込みTOPIX)(%)(-)(-)(-)(-)(129.8)
最高株価(円)2,8381,760
      (4,230)
最低株価(円)1,802992
      (2,170)

グラフでまとめると下記です。

簡単にまとめると

  • 売り上げが増加
  • 利益が黒字
  • 総資産額が増加

従業員数も増加していますね!

まとめると、現時点で日本ビジネスシステムズは業績が悪化しているのは嘘で、調子よく伸びてるので、やばくないです。

女性が働きやすい

日本ビジネスシステムズは女性が働きやすいことでやばいと言われています。

理由は女性の活躍推進を掲げているから

また、福利厚生としては

  • 産休、育休
  • 時短

上記の通りで女性が働きやすい環境となっています。

職種を問わず、容易に産休や育児休暇は取得が可能。復帰後も時短勤務やリモートも可能なので、休暇後に復帰する社員が多かった。 

口コミ引用

福利厚生が充実している

日本ビジネスシステムズは福利厚生が充実しています。

  • 独身寮
  • 家賃補助、家族手当
  • 通勤手当

上記の通りで、働きやすい方針となっています。

会社の寮だとほぼ無料の金額で住めるんですよね!

少ししか家賃を払わなくて済むので、お金が溜まりやすい環境となっています!

新卒から一定の年齢まで居住できる社員寮があり、23区の中心街でも格安で住むことが可能。ファミリー用の寮もあるが、数は少ないため空くことはほぼない。

口コミ引用

有名大学出身者しか採用されないため

日本ビジネスシステムズは有名大学出身者しか採用されないと言われています。

いわゆる学歴フィルターですね。

しかし、そんなことはなくさまざまな大学から採用しています。

採用実績(学校)<大学>
会津大学、青山学院大学、秋田大学、茨城大学、岡山大学、お茶の水女子大学、神奈川大学、関西大学、関西学院大学、近畿大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、公立はこだて未来大学、国際教養大学、駒澤大学、埼玉大学、静岡大学、静岡県立大学、芝浦工業大学、信州大学、上智大学、成蹊大学、成城大学、専修大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、帝京大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京外国語大学、東京学芸大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京理科大学、東北大学、東洋大学、同志社大学、獨協大学、南山大学、日本大学、法政大学、北海道大学、明治大学、明治学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学、立教大学、立命館大学、琉球大学、早稲田大学
<短大・高専・専門学校>
秋田工業高等専門学校、阿南工業高等専門学校、有明工業高等専門学校、小山工業高等専門学校
<海外>
アーカンソー州立大学、オレゴン大学、カリフォルニア州立大学、カルガリー大学、グリフィス大学、コロラド州立大学、サウスアラバマ大学、サウスイースト・ミズーリ州立大学、サンディエゴ州立大学、ストックホルム大学、セント・メアリー大学、ディアンザカレッジ、ナイアガラ大学、ニューヨーク州立大学、ネバダ大学、ネブラスカ大学、ノースイースタン大学、ブリッジポート大学、ペンシルベニア州立大学、マーレー州立大学、マスキンガム大学、ミズーリ州立大学、ミネソタ州立大学、モーニングサイド大学、レイクランド大学、韓国外国語大学、国民大学、仁荷大学校 など
採用実績(人数)2019年:195名 
2020年:174名  
2021年:123名
2022年:152名
2023年:183名

偏差値50程度の大学からも採用されているため、学歴フィルターの問題はないと考えられます。

お得情報

日本ビジネスシステムズは転職市場で人気の高い企業であることは間違いありません。

しかし、前職での実績や選考対策次第で十分に転職できる可能性があります。

そこで日本ビジネスシステムズに転職するために、日本ビジネスシステムズをよく知る転職エージェントを活用しましょう!

転職エージェントは無料で何社でも利用することができて、企業研究から書類作成・面接対策までサポートしてくれます。

詳細は下記をどうぞ!

もちろん登録は無料ですよ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

女性の割合が少ないため

日本ビジネスシステムズは女性の採用割合がひくいと言われています。

しかし、そんなことはありません。

上記の通り、40%は女性が採用されています。平均は13%と言われています。

また、日本ビジネスシステムズは女性でも活躍できる環境を整えています。

日本ビジネスシステムズは女性だからと言って採用されないということもないですし、活躍する環境もあります。

日本ビジネスシステムズはブラック?年収や離職率について

日本ビジネスシステムズの年収や離職率について紹介していきます

日本ビジネスシステムズとは

事業内容マイクロソフトをはじめとするクラウドソリューションに強みを持つ JBS は、コンサルティングからソリューション導入・運用・利活用に至る一連のご支援を通じて、お客さまのクラウド活用力向上と社会のデジタル変革に貢献します。日本を代表する企業を、直接の取引をとおしてIT分野で支える重要な仕事です。
本社郵便番号105-6316
本社所在地東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー16F
本社電話番号03-6772-4000(代表)
設立1990年10月
資本金5億3,963万円
従業員2,547名(2023年9月)※連結
売上高1,128億円(2023年9月期)※連結
平均年齢34歳(2023年3月)

日本ビジネスシステムズの基本給

基本給などのデータは下記の通り

初任給(2024年04月実績)対象支給額基本月額諸手当(一律)/月【院了】エンジニア・営業職(月給)267,000円238,980円28,020円【学部卒】エンジニア・営業職(月給)250,000円223,765円26,235円【高専専攻科卒】エンジニア・営業職(月給)250,000円223,765円26,235円【高専本科卒】エンジニア(月給)237,000円212,130円24,870円※2024年入社募集実績情報
※諸手当(一律)の金額は、15時間分の法定時間外固定残業手当
※既卒者の初任給は最終学歴に準ずる
試用期間あり※試用期間(3カ月):その間の給与・待遇に変動はなし固定残業制度あり※固定残業手当の金額は、各対象の「諸手当(一律)/月」の金額です
※固定残業手当は、法定時間外労働時間15時間分となります
※固定残業時間を超えた場合は、別途超過分の残業手当を支給します
※既卒者の初任給は最終学歴に準ずる
モデル月収例【諸手当を含む月収例】
【学部卒】エンジニア(本人名義の住居かつ世帯主):275,000円
(本給:223,765円+在宅手当5,000円+住宅手当20,000円+15時間分の法定時間外残業手当:26,235円)
※固定残業時間を超えた場合は、別途超過分残業手当支給
※住宅手当は居住条件によって異なります
諸手当役職手当、住宅手当(世帯主2万円/月、非世帯主1万円/月、社宅利用者支給なし)、在宅手当(5千円/月)、通勤手当(上限4万円/月)、残業手当(15時間を超える法定時間外労働分)、休日・深夜勤務手当、社員持株奨励金、資格報奨金 など
※当社規定による
昇給年1回(1月)
賞与年2回(6月、12月)※基本給×2ヶ月分/回(標準支給月数)
休日休暇■休日:完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始(12月30日~1月3日)
■休暇:年次有給休暇、リフレッシュ休暇、特別休暇(慶弔休暇、配偶者の出産、など)
待遇・福利厚生・社内制度■保険
雇用・労災・健康・厚生年金

■諸制度(当社規定による)
フレックスタイム制度、テレワーク勤務制度、時短勤務制度、ストック休暇制度、産前産後休業制度、育児休業制度、介護休業制度、Uターン・Iターン制度、社内公募制度

■福利厚生(当社規定による)
確定拠出年金(401k)、財形貯蓄、社員持株会、慶弔見舞金、健保組合保養所、社宅(首都圏のみ)、団体長期障害所得補償保険(GLTD)、提携スポーツジム、クラブ活動、社員用カフェテリア(東京本社・中部事業所・西日本事業所)、各種教育研修、資格取得支援実力主義の給与体系・評価制度を導入年間休日120日以上福利厚生が充実教育・研修制度が充実資格取得支援制度あり時短勤務制度あり産休・育児休暇取得実績あり平均残業時間が月20時間以内完全週休2日制社宅・家賃補助制度ありリモートワーク・在宅勤務(週に数日)対面の研修ありフレックス制度あり
就業場所における受動喫煙防止の取組屋内原則禁煙(喫煙専用室設置あり)
喫煙室あり
勤務地北海道東京愛知大阪福岡
※初期配属後の転勤は原則として本人の希望に沿って決定します
勤務時間9:00~17:30 休憩1時間(所定労働時間:7.5時間)
※フレックスタイム制(コアタイム10:00~15:00)
※担当案件により1日8時間以内の勤務時間に変更する可能性あり
こんな学生に会ってみたい大学での学問に自信がある人資格取得に積極的な人海外経験や語学力に自信がある人学内活動の経験が豊富な人学外活動の経験が豊富な人インターンシップなどの就業体験がある人個性をアピールできる人チームワークを重視する人こだわりや探究心の強い人とにかく負けず嫌いの人冷静に物事を判断できる人
採用情報提供方法の特徴採用公式facebookありエントリー者には専用のWebコンテンツを提供会社見学・工場見学あり先輩社員との質問会・懇談会あり説明会には社長が出席
福利厚生(社員食堂)オフィスには「カフェテリア」が併設され、社員価格で利用することが出来ます。

◆カフェ
コーヒー、紅茶、ラテ、スムージーなど豊富な種類のドリンクの他に、
サンドウィッチやおにぎりなどの軽食も取り揃えています。

◆ランチ
日替わりランチやカレー、パスタ、お蕎麦などのメニューがあり、
ステーキ、ビーフシチューなど豪華ランチが振る舞われる日も!

◆ディナー
本格的なメニューを取り揃えており、バーカウンターも併設されています。
社員同士の打ち上げや、お客さまとのパーティーなどでも利用することが出来ます。

※国や都からの要請に伴い、営業時間や運営に変更がある可能性があります
福利厚生(クラブ活動)JBSには、様々な部活動があります。

eスポーツ、オフィスヨガ、軽音楽、ゴルフ、サッカー、自転車、ソフトテニス、ソロキャンプ、釣り、テニス、バスケ、野球、など

中には、ITスポーツリーグに加盟している部活もあり
練習だけでなく、実際に他社のチームと試合をするなど
盛んに活動を行っています。

部門を超えた付き合いができるのも、部活動の魅力の1つです。

日本ビジネスシステムズの離職率・勤続年数

日本ビジネスシステムズの離職率は記載ありませんでした。

しかし、平均勤続年数は下記の通り

有価証券報告書

日本ビジネスシステムズの勤続年数は約7年です。

一般職の平均勤続年数は11年と言われているので、日本ビジネスシステムズは離職率が高いと考えられます。

日本ビジネスシステムズの広報

日本ビジネスシステムズはYoutubeでの広報活動をしていません。

日本ビジネスシステムズの退職検討理由

日本ビジネスシステムズの退職理由について解説していきます。

口コミなどから考えられる日本ビジネスシステムズの主な退職理由は以下です。

  • 昇給額が低い
  • やりがいがない
  • ノルマが厳しい

本当に仕事を辞めたいと感じた時は早めの対処が必要です。

スムーズに退職できて、有休消化したいなら退職代行がおすすめですよ!

オススメの退職代行

こんな不安はありませんか?

よくある悩み
  • 仕事を辞めると言いづらい
  • 仕事を辞めたいのにどうしたらいいかわからない
  • 仕事を辞めると伝えてから数ヶ月働かないといけない

上記の悩みは非常に多く、特に初めての退職だとわからないことばかりです。

そんな時におすすめしたいのが退職代行の退職代行Jobsです!

退職代行Jobsなら下記の強みがあります。

退職代行の強み
  • Jobsは弁護士監修なのに27,000円
  • 現金後払いOK(審査あり)
  • 有給休暇の無料申請サポート

上記の通りで安心して退職することが可能!

また、他社と比較しても金銭、サポート面でお得となっています。

もちろん登録は無料!下記ボタンからすぐに相談が可能!

ぜひこの機会に、退職の悩みを解決してください!

LINEで無料相談を受付中

公式サイト
https://jobs1.jp/

やばいと言われている日本ビジネスシステムズに向いている人の特徴

日本ビジネスシステムズに向いている人の特徴は下記の通り

  • 年収が高いところがいい人
  • 可処分所得(手取り)が多い方が良い人
  • 女性が働きやすいところが良い人
  • 業績が伸びていて安定しているところが良い人

上記に当てはまる方は日本ビジネスシステムズへの転職は非常におススメです!

日本ビジネスシステムズで働いてみたい人は、まずは転職エージェントに無料相談してみることをおすすめしますよ!

自分の状況から最適なキャリアを一緒に考えてくれます!

もちろん登録は無料ですよ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

日本ビジネスシステムズを含めた大企業へのオススメの転職方法:転職サイトを使うこと

日本ビジネスシステムズのやばいと言われる理由やそうでない理由がわかったところで、オススメの転職方法を紹介していきます。

結論から言うと、転職サイトを使うことです。

なぜなら、転職サイトにしかないメリットがたくさんあるから

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットは下記の通り

  • あなたにぴったりの求人を見つけてくれる
  • 希望の求人を効率よく見つけてくれる
  • 求人を比較できる
  • 日本ビジネスシステムズの内部情報もリサーチしてくれる
  • 転職から内定までの時間を短縮できる

ぜったい日本ビジネスシステムズがいい!わたしにぴったりだ!

と思っていても求人を比較することで、違う会社の魅力が見えてきたりします。

また、転職サイトを使えば今まで見えてなかった日本ビジネスシステムズの内部情報も調べてくれるので、入社後のギャップに驚くこともなくなります。

ですので、転職するときは転職サイトに登録するのが非常にオススメです。

自分の状況から最適なキャリアを一緒に考えてくれます!

もちろん登録は無料ですよ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

大手企業への転職の不安を解消させるサービス

大手企業に転職するには公式ホームページから応募するより、転職支援サイトの利用がおすすめです。

なぜなら、最近は大手企業の面接難易度が上がっており、転職のプロの担当者と書類や面接の練習をしたほうが良いからです。

【Liberty】は、そのような対策を備えた転職支援サイトで、サポート体制も充実しているため、不安な点は相談して解消させたうえで、安心して転職することが可能です。
【Liberty】がおすすめである理由を詳しく見てみましょう。

【Liberty】がオススメである理由

【Liberty】が備えている以下の特徴を利用すると、転職で不安に思われがちな点をカバーしながら利用することができます。

転職市場に精通した専門スタッフが転職活動をサポートしてくれる

転職市場に精通した専門スタッフが長期的な視点からキャリア相談に乗ってくれます。

先のキャリアを見据えた選択肢などの情報提供を受けることで、安心して転職活動を進めることができます。

また、転職活動は一人で進めることで孤独になりやすく、また選考に落ちることも多いため、モチベーションを維持するのが難しいですよね。

身近な人に相談しづらい場合でも、【Liberty】は親身に相談に応じます。また、企業に言いづらい希望年収や入社時期の調整などもサポートし、転職活動をバックアップすることが可能です。

応募書類の添削や面接対策のサポートが受けられる

【Liberty】では、応募書類の添削や面接対策のサポートも行います。

例えば、履歴書や職務経歴書などを添削し、要点のまとめ方や人事の目にとまりやすい伝え方を教えてくれます。

どのように書いたらいいんだろうといった悩みがなくなるんですよね。

また、面接日程の調整を代行したり、面接対策では強みの棚卸しをサポートしたり、面接時の受け答えのアドバイスももらえます。

  • 自分の強みは何なのか
  • その武器を活かしてどう受け答えしたらよいのか

といったフィードバックを受けることで志望動機が見つかったり、面接のアピール材料としたりできますよ。

興味のある企業の採用情報が分かる

【Liberty】の活用で、興味のある企業への理解を深められるのもメリットです。

【Liberty】のキャリアアドバイザーは

  • 企業の採用背景や求める人物像
  • 面接で注目するポイントなどの採用情報

上記を把握しているため、就職活動において最も重要な情報を教えてくれます。

また、残業時間の実情や育児休暇、有給休暇といった求人票だけでは知ることのできない労働環境についての情報なども知ることができますよ。

ネットから企業情報は得られる内容には限りがあるんですよね。なので、生の情報は転職活動において非常に参考になりますよ。

【Liberty】利用者の声も紹介します。

【Liberty】は、応募書類の添削や面接対策ができるなど、サポート体制が充実している転職支援サイトです。

以下で、実際の利用者の口コミをご紹介しましょう。

一緒に活動していこうというスタイルでこまめに連絡を取ってくれたので、転職活動が楽しく感じました。またアドバイスも的確で私が望むように進めてくれたので、求職者目線のエージェントさんだなと感じ、信頼できました。
転職活動を通して、自分のキャリアにしっかり向き合うことができたのはLibertyのお陰です。こういった転職活動ができる環境はとても良いと思います!

利用者口コミ

私のビジョンや思いを理解して下さって、私は根気強く最後まで就職活動を行う事が出来ました。
最終的に、心から働きたい!と思える企業に出会い、内定を頂くことが出来ました。担当アドバイザーの方をはじめ、Libertyの方々のお陰です。転職を考えているなら、ここがいいよと自信を持って紹介したいと思えるエージェントさんです!

利用者口コミ

「不安」に惑わされず、お得に転職活動をしよう

転職は「不安」と思われがちですが、転職支援サイトの利用で十分カバーすることが可能です。

中でも、【Liberty】は、「不安」とされる点を回避しやすいうえ、サポート体制の面でのメリットも多い転職支援サイトです。

登録はもちろん「無料」

【Liberty】のサイト利用中にスタッフからプランを提案してもらえたり、どの範囲の業種なら有利に転職を進めれるかを教えてもらえたりするので、自分が最も納得できる条件で転職できる可能性が高まりますよ。

下のボタンから、申し込み可能です。気軽に試してみましょう。

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/

転職支援サイトは複数利用するのがマストです。
オススメを簡単にまとめているので下記記事も参考にどうぞ!


まとめ:日本ビジネスシステムズはやばいといわれる理由もあるがやばくないメリットもある

以上が日本ビジネスシステムズはやばいといわれる理由でした。

日本ビジネスシステムズへ転職するには転職サイトを利用するのが非常にオススメ!

損しないおすすめ求人サイト

会社の評判が気になるなら転職エージェントに相談することをオススメします!

個人で調べるのも限界があります。より詳細な情報が得られますよ。

無料登録は下記からどうぞ!

\下記からボタンから無料登録

公式サイト
https://liberty-inc.co.jp/



日本ビジネスシステムズ以外にもやばいと言われている会社があるのでぜひご覧ください

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次